局所的に生きている

 僕の最近の生活は人との関わりが少ない。1人でいるのは好きなので苦しみは無い。人と関わらない期間があまりに長く続くと無性に人に会いたくなることもあるのだが、最近は週に1回友人とゆるい感じの勉強会をしていて、それくらいの人付き合いが僕にとって丁度いいようで、長いこと精神的な不和無く生活できている。ただこう1人でいることが多いと、自分がどういう人間かについての自己認識が薄まるようだ。
 今日人と会議のような形で話す機会があったのだが、気に障ることがあったときにかっとなって相手にとって不快であろう言葉を吐いてしまった。今思い返しても相手に多少の非はあると思うが、だからと言って避けるべき振舞いだった。これに対して相手への謝罪の念と自己嫌悪を感じる一方、そういえば僕はこういう振舞いをする人間だったなというある種得心するような感覚もある。そう、僕は腹が立つと突発的に攻撃的なことを言ってしまったり、テンションが上がると思慮の浅いことを言ってしまったりするのだった。忘れていた。
 こういう振舞いは意識によって結構な程度制御できることは経験的に知っている。しかし、その意識はそれほど間を置かずに自省を繰り返すうち、やっと実用レベルの速度で頭に上るようになるもので、知識として自分の性向を理解しているだけではどうにもならず、意識しないまま時間が経つとまた鈍ってしまう。
 僕の現状の生活においてはこれを日常的に意識するようなことにはならないだろうから少し困ったことになる。僕個人の自己嫌悪で済むのであればいいが、他人にも迷惑をかけるものであるからこの際どうにかしてしまいたい。その対策案を今考えたところ1つ思いついた。それは、何か標語みたいに覚えやすい形に成型した自戒の言葉を常日頃から唱えて忘れないようにするというものだ。安易であるとは思うが悪くない気がする。肝心の標語をどうするかだが、今この眠い頭でそれほど深く考える気もないのでさっき思いついたのを記しておく。それは「攻撃性に気をつけろ」というものだ。これは「自分の攻撃性に気をつけろ」という意味合いなのだが「自分の」がつくと据わりが悪いので省いた。こんな抽象的な言葉では自分の攻撃性を実感をもって思い出すのは難しいような気もするが、しばらくの間はこの言葉と共に今日の自分の振舞いを苦々しく思い出すだろうから効果はあるだろう。理想としてはしばらくどころでなく今後二度と過ちを繰り返さないことだが、経験は時間が経てばどうしたって薄れてしまうから多分無理だ。結局僕は繰り返すことになると思うのだが、この標語がせめてその頻度を低くすることにつながってほしい。