岩波ブックオーダーを利用した

 岩波ブックオーダーという岩波書店のサービスがある。どういうサービスかというと岩波書店のWebページで欲しい書籍を注文し、代金を払い、書籍を送ってもらうというものだ。普段書籍の購入はアマゾンや大学生協で行うため最近までこのサービスを使ったことが無かった。それで少し前に初めてこのサービスを利用した。
 オンデマンド印刷の書籍を購入したため発注から届くまでには時間がかかり、ちょうど3週間かかった。時間がかかるのは書籍の紹介ページにも「お届けまで2~4週間程かかります」と明記されているので全く不満はないのだが、その間の連絡が全くないのには驚いた。注文すると直ちに自動送信のメールが送られてくるが、注文内容と代金の明細が書かれているだけだ。アマゾンでいう注文確認のメールで、その後1~2日ぐらいしたら、配送予定日などの情報が送られてくるかと思ったが、そのようなことは無かった。その後発送の連絡もなく、昨日突然届いた。届いたからいいはいいのだがもう少し状況を共有してもいいんじゃないかという気がする。2~4週間という割と幅の広い期間を提示しておいて何も連絡なしだと、いつ届くのかを長い期間気にしていなくてはならず、あまり気分のいいものではない。
 何故アマゾンではなく岩波ブックオーダーを利用したのかを書いておく。僕が今回購入した書籍はオンデマンド印刷で復刊されたものだが、アマゾンでも取り扱いがある。利用し慣れているという点でアマゾンで注文した方が楽ではあったのだが、アマゾンでオンデマンド印刷の書籍を注文すると印刷の粗いものが送られてくるという評判が僕の周りではある。僕はこれまで3,4冊アマゾンでオンデマンド印刷の書籍を買ったことがあるが、ものすごく粗いと感じたことはない。僕が購入したのはすべて数学書で、確かに一般的な数学書と比べると印刷の質は多少粗い。その粗さがオンデマンド印刷に由来するのか、アマゾンで注文したことに由来するのか、それは分からない。そういう訳で僕は周りから聞くアマゾンでオンデマンド印刷の書籍を注文することの難点をあまり認めてはいないのだが、印刷の粗いものによっては読めないほどのものもあったというような評判まで聞いたので流石に少し不安に感じた。その噂を認めるわけでは無いにしても、試しに一度岩波ブックオーダーで注文してみればわかる話だと思い、利用することにした。
 それで印刷の質がどうだったのかというと今回来た本の印刷はかなり綺麗だ。そのためもしかすると確かにアマゾンでオンデマンド印刷をすると汚いものが来るのかもしれない。僕が以前アマゾンで注文したオンデマンド印刷の書籍は目を近づけてよく見るとガタガタしていることが分かる文字が割とある。一方今回のものはそういうことはない。ただこれをもって岩波ブックオーダーに軍配を上げるのにはためらいがある。何故かというと以前アマゾンで注文したのが数年前のことだからだ。つまり単純に技術の向上、若しくは設備の更新により印刷が綺麗になった可能性もありうる。結局のところはよく分からないというところに落ち着く。
 断言をためらう理由は他にもあって、それは過去にアマゾンで注文したものも今回岩波で注文したものも同じ印刷所で刷られているという点だ。奥付にはいずれも「印刷/製本・法令印刷」と書かれている。このためアマゾンで注文したせいで粗くなるというのは無いような気がする。
 近いうちにアマゾンでオンデマンド印刷の書籍を購入する機会があれば比較できるのだが、今のところその予定は無い。