完全版 ニュージョイス

 僕が高校1年まで住んでいた地域の僕の行動圏内に「ニュージョイス○○」というコンビニがあった。○○の部分には本当は文字が入るが伏せている。
 このコンビニに対して特に何か思い入れがある訳ではない。店内の様子は全く覚えていないし、入ったことがあるかさえもあやふやだ。とはいえ全く縁がなかったかと言えばそうでもない。このコンビニは家族経営だったが、その経営者家族の娘が僕と小学校で同級生だった。中学生の時も同級生だったかもしれない。僕は彼女と特に親交があったわけではなく、いま彼女に対する記憶を掘り起こしても出てくるのは家がニュージョイスだということと50音順で並んだ時に近かったということぐらいだ。このように僕のニュージョイスとのつながりは極めてわずかなものだ。しかしそれだけのことでも、ただのコンビニとは印象が違うもので未だに記憶に残っている。
 僕は今実家から離れた場所に住んでいて、さらに高校のときに引っ越したので、帰省した時でもニュージョイス周辺に行くことは滅多にない。だが、不意にニュージョイスのことを思い出す経験がこれまで2度あった。
 今年の正月に小中学校の友人と会う機会があり、集合場所が小中の頃を過ごした地域だった。それでどうせならということで早めに家を出て以前住んでいた地域のあたりを歩いて回った。このときニュージョイスは見ていないが、一通りに見て回って集合場所に向かう途中、急にニュージョイスの事を思い出した。思い出したといっても何かニュージョイスにまつわることを思い出した訳では無く、この「ニュージョイス」なる響きが頭に浮かんだだけだ。ただその時は「ニュージョイス」という響きが可笑しく思えてきて笑ってしまった。集合場所で友人たちにも、ニュージョイスのことを思い出させてやったらウケるかもしれないと思ったが、失敗しそうなのでやめておいた。これが1度目。
 2度目は今日でさっき夕飯を食べているときに、不意に「ニュージョイス」が頭の中に響いた。今回は全く面白いと思えなかった。

 googleマップストリートビューでニュージョイスを見てみたら閉店していた。こうなると今後、僕の生活とニュージョイスとの接点が増えることは多分無い。あったとしても今日のように響きを面白いと感じるぐらいだろう。それで僕の人生における(恐らく)完結したであろうニュージョイスとの関わりをまとめておきたい気分になりこの文章を書いた。